Menu

海外からクルマを並行輸入のメリット

クルマに拘りを持っている人たちは、 海外から個人輸入で外車を購入しようと思っている人たちもいるのではないでしょうか。

相当面倒くさいことかもしれないですが、合宿免許で運転免許取得している最中から、ずっとあこがれのクルマに乗りたいと夢見ている人たちも多くいます。

クルマの個人輸入にはこんなメリットがあります。

正規輸入していないクルマに乗ることができる

まさに、並行輸入という感じで外車を購入することができれば、既成観念にとらわれる必要がないということです。あなたは、あなたで海外の隅々まで、あなたの主張を貫きクルマを求めて行けばいいのです。

きっと、そのとき、素敵なあなたオンリーのクルマを見付けることができるでしょう。

合宿免許で免許取得して、突然、注目される人物になることができるのは当然のことです。

海外は相当広いと思いますよ。日本の正規ディーラーが取り扱っていないメーカーや車種はまだまだ一杯あります。

正規輸入されている車種に対しても、モデルが限定されていたりし、カラーや内装、ハンドルが右OR左、エンジン、ミッション……、そのようなものに対して違いがあったりします。

クルマに拘りをもつということは、そのようなものに対しても拘りをもつことです。

そして、クルマに拘りをもつということはとても素敵なことではないでしょうか。

海外でしか販売されていない日本車を逆輸入

そして、並行輸入してこのようなクルマに乗っている人たちもいます。それは、海外でしか販売されていない日本車です。

日本のクルマをなんでいちいち海外から輸入しなければならないの?と思うのかもしれないですが、それも充分拘りと言っていいでしょう。

クルマのことをよく知っている人たちなら、日本の国内メーカーのクルマでも、海外でのみ販売されているものがあるということは当然知っていることです。

たとえば、トヨタの「レビン」、三菱の「ランサー」……など、日本では生産が終了し絶版……となってしまったけど、海外では今もスムーズに流通している車種というものがあります。

そのようなクルマに乗るというのも素敵な拘りではないでしょうか。

また、国内のメーカーが、はじめから、海外の人たちをターゲットにして、生産、販売しているクルマというものも存在しています。

でも、簡単にはクルマは手に入らないかもしれません。

それでも、合宿免許で運転免許取得した人たちは、ひたすら自分オンリーのクルマを夢見て過ごしていただきたいですね。

新着記事