Menu

合宿免許で運転免許取得してからの注意ポイント はじめて購入するクルマは……?

合宿免許で運転免許取得して、無難なクルマからという思いの人たちもいらっしゃるでしょうけど、無難に慣れれば、もうそれ以上クルマの枠を越えられなくなってしまうかもしれないですよね。

いっそ、最初から、外車!に乗るというのも方法のひとつなのかもしれません。

合宿免許で運転免許取得してはじめての運転

合宿免許で運転免許取得したからと言っていろいろ運転には注意しなければならないことがあるでしょう。

免許取得最初の頃は、いろいろ注意して事故率が低いとも言われていますが、それでも、事故は簡単に起こると思いますよ。

合宿免許でいろいろ教習を受けた訳ですが、教習とは、運転するための基本技能です。

路上では、教習の時遭遇しなかったいろいろなハプニングとも出会うことがあります。

それぞれのハプニングに対して、フレキシィブルに対応出来る能力はまだまだ免許取り立ての人たちにはないのかもしれないですよね。

そして、ハプニングに出会ってしまったら、まだまだパニックになってしまう人たちが多いのかもしれません。

しかし、だから運転するなと言うことは出来ません。なぜなら、あなたはめでたく免許取得したのですから。

はじめてのクルマのポイント

はじめてクルマ購入という人たちは、一体どのようなクルマを購入すればいいのでしょうか。

いろいろポイントがわからないという人たちがいらっしゃることでしょう。

まず、クルマは、前がしっかり見やすいものを選択しましょう。ボディの幅が大きいほど、フロントガラス横のボディ部分が運転席からの見える視界を邪魔してしまうことになります。はじめての運転ではかなりしんどいと思いますよ。

そして、長い時間運転
しても、疲れにくいクルマを運転するようにしましょう。何がポイントなのかと言えば、クルマのシートです。

クルマは、基本、座席、ハンドルの位置は変えることができますが、どんな感じなのかクルマによってそれぞれ違いがあります。

もちろん何をしなければならないかといえば、実際にしっかりチェックして自分自身にマッチしたクルマを購入することです。

あと、車高が高いことで、前や左右、後方も見やくなります。

そのような意味では、スズキの「ワゴンR」など、結構、免許取得後はじめてクルマという人たちにもおすすめです。

スズキの「ワゴンR」は、軽自動車特有の狭さを感じさせないような作りです。とても居心地の良さを提供してくれるワゴンです。

免許を取得するならムーチョがおすすめ

合宿免許で免許取得 はじめて買うクルマは軽でダサイ?

合宿免許で免許取得して、クルマを購入するとき、軽自動車でいいと思っている人たちもいらっしゃるでしょう。

しかし、ちょっとクルマに拘りを持っている人たちは、軽自動車はNGと考える人たちが多いです。

果たして、軽自動車のどこがNGなのでしょうか。

軽自動車はNG?

果たして軽自動車のどこがNGなのでしょうか。

あなたは合宿免許で免許取得し、晴れて彼女を乗せてデートしたいと思っていたりするのではないでしょうか。

しかし、そのとき、助手席に乗る彼女が軽自動車はNGと思っているかもしれません。

実際に、女の子たちはデートで軽自動車はNGと思っている訳ではなく、OKというのは、あるリサーチによれば、76%です。

全然、軽自動車でno problemという感じなのですが、残りが不可というのもちょっと気になりますよね。

軽自動車がダサイ幻想はとけたのか

実際に、軽自動車がダサイと言われていた時代は存在しています。

しかし、バブルも崩壊して、できるだけリーズナブルにという発想は当たり前のことですし、女の子たちも男性のそのようなモチベーションを理解することができるのではないでしょうか。

そして、合宿免許で免許取得するものの、それほどクルマに関心を持っていない時代です。

でもやっぱりどこかにデートする時、クルマがあると便利ですよね。そのとき、クルマに対してどうこうの格好良さを語る気持など持っておらず、クルマはただ走って私達を目的地まで連れて行ってくれればいいと思っていたりするのではないでしょうか。

でも、正直に言えば、ちょっとクルマのことを知っている女の子には、まだ軽自動車がダサイというイメージはあるようです。

軽自動車は、格好いいというクルマではなく、可愛いクルマなのです。

クルマは、男性のメタファーなのかもしれません。そうすれば、可愛い男性ということになりますよね。

大方、男性に女の子たちは、可愛いではなく、格好良さ、たくましさというものを現代社会では求めているのではないでしょうか。

軽自動車に乗っているとお金がない人たちに思われてしまうかも……

そして、更に現代社会でも女の子たちが軽自動車をダサイと思っている理由は、軽自動車はリーズナブル料金で購入することができるから、軽自動車に乗っていると周囲の人たちが、この人たちはお金がないのかしら……と思ってしまうからと言います。

薄れたと言うものの、多少そのような幻想がまだ残っているようです。

新着記事